top of page
スクリーンショット 2022-01-18 23.54.27.png

効果と科学的根拠のまとめ

ミッケルアートを見たことがない8名にミッケルアートを見てもらったと ころ、4名の方が絵を見ることで何らかの気持ちよさ (快適)を感じました。 残り4名の方は、 絵を見ても気持ちの変化はありませんでした。

快適と感じた人は、次の3つの反応を示すことができました。

スクリーンショット 2020-10-16 9.36_edited.jpg

●眼球運動の促進効果

ミッケルアートの中のさまざまな場所をじーっと見る様子が あり、眼球の運動を促進させることに繋がった。

スクリーンショット 2020-10-16 9.36_edited.jpg

●腦血流增加

ミッケルアートを見ていると きは、 右脳左脳ともに脳血流が増加していた。

スクリーンショット 2020-10-16 9.36_edited.jpg

●発語数の増加

「どのようなものが描かれていました?」という質問に対して、 ミッケルアートを見て思い出したことの方が話す量が多かった。

このような研究結果を踏まえて、 ミッケルアートをより一層効果的なものとする為、 多くの方が「綺麗」 「懐かしい」「楽しい」 など心地よいと感じていただけるよう下記のような工夫をして描いています

●人物や様々な生き物(猫・ 昆虫など))を分散して配置することで眼球運動を促進します。

●ご高齢の方でも見やすいようあえて輪郭線を残すように描いています。

●アートの裏面に会話見本を書くことで、会話の苦手なスタッフさんでも活用可能にしてあります。

スクリーンショット 2020-10-16 9.36.43.png

​実際の施設にて高齢者を対象に効果検証

実施方法

ミッケルアートを週2回、一回あたり20分間程度行いました。 ミッケルアートのタイプは、紙版 (A3サイズ)、A1版、 映像版のいずれかを使用しました。 ※映像版は映像を流しながら、 スタッフ様が声がけを行ないました。

スクリーンショット 2020-09-17 11.18.24.png
スクリーンショット 2022-01-16 9.22.45.png
スクリーンショット 2022-01-14 23_04_26.png

評価対象者

施設数 111

評価対象者342名(女性285名、 男性57名

1.png
2.png
3.png

実施結果

開始から1ヶ月後、開始から3ヶ月後に周辺症状の緩和効果が確認されました。

スクリーンショット 2020-10-16 9.36.35.png

※DBDとは、周辺症状を数値化したスケールです。

改善されやすい周辺症状

順位

症状の種類

行動例(DBD13スケールより)

1位

無気力

興味を示さない

2位

昼夜逆転

夜中理由もなく起き出す

3位

介護拒否

世話を拒否する

4位

徘徊

やたら歩き回る

周辺症状緩和効果の割合

女性 (2).png
  • 15%維持は、もともと周辺症状が出ていないご利用者様を対象にしたため、変化をみることができませんでした。

  •  15%悪化は、 検証途中に転倒・入院があったご利用者様、 また、 もともと攻撃的なご利用者様でミッケルアートを継続することが難しかった方です。

※貴所で効果検証を行う際には、周辺症状のある方を対象にすることをお勧めします。

※攻撃性のあるご利用者様は、 ミッケルアートに参加できるような声がけを十分に行っていただくことをお勧めします

  • Q.ミッケルアートに描かれている時代に、橋口さんは生まれていなかったと思うのですが、どうして 50代~90代の方が見て「懐かしい」と感じる絵が描けるのですか?
    よく聞かれますが、すべて地道な取材です。累計1000人以上のご利用者様にアンケートをお願いしたり、時には2時間以上話し込むこともありました。その時に、ご利用者様の戦争に対する認識や、それを現代を生きる私たちに伝えたい想いなど、私なりにイメージします。次にその時代の道具などを取材していく、という作業を延々と繰り返して仕上げていきます。
  • Q.ミッケルアートを描く際、最も気を付けていることは何ですか?
    お茶目さです。誰にも気づかれないところに、そっと隠し絵をいれる遊び心を大切にしています。「こんなところに、へそくり!」というような物を描くと、見つけた人はハッピーになりますよね。こういう遊びが大切だと思います。
  • Q.自分で「職業病かも?」と思うようなエピソードはありますか?
    A.まだ幼い娘がいますが、娘と過ごす時に、すべての感動はミッケルアートになると考えています。娘を初めて抱っこした時、「あ」を書けて自慢してきた時、一緒にスーパーに行ってレジに並んでいる時 –、すべての瞬間が、ミッケルアートになります。つまり、「幸せ」と感じた瞬間は普遍的で、これこそがミッケルアートなのです。ほっこりとした日常的な幸せを描くことを心がけています。
  • Q.ミッケルアート制作で辛かったこと・嬉しかったことは?
    何度も徹夜をして試作を繰り返していますが、仕事が好きなので辛かったことは特にありません。嬉しかったことは、ミッケルアートを見てご利用者様が喜ばれている姿です。やはりこれ以上の喜びはない気がします。
  • Q.ミッケルアートを作るきっかけが無かったとしたら、今頃は何をしていたと思いますか?
    教育に関する社会課題に対して、アートで取り組んでいたと思います。いずれ必要とされれば取り組んでみたいです。
  • Q.この事業をやめたいと思ったことはありますか?
    一度も無いです。30代の人生をすべてかけていますので。仮に、私が病気になった場合でも、この事業が止まることがないように、様々な対策を用意しています。
  • Q.ミッケルアートは何を目指していますか?
    日本発の非薬物療法を確立を目指しています。国内で広まった後に、海外版のミッケルアートを制作していきたいと考えています。

よくある質問

ロゴ.png
スタッフさんいらっしゃい! キャラ.png

現場で頑張っている職員様、施設運営やケアに役立つ情報などを更新していきます。ぜひご覧ください♪

No posts published in this language yet
Once posts are published, you’ll see them here.

他にもミッケルアートの最新情報を発信中!

bottom of page